太陽光発電 最新市場レポート

ガラス-ガラス構造のペロブスカイト太陽電池の実証が先行する中国

  • 印刷
  • 共有

世界中で活発化しているペロブスカイト太陽電池の実証。国策として注力する中国では、どのようなものが進んでいるだろうか。中国の動向について、資源総合システム 企画部 部長 首席研究員の貝塚 泉氏に解説してもらった。(連載第10回、バックナンバーはこちら

国家プロジェクトとしての技術開発

海外においてもペロブスカイト太陽電池の実証実験は、既に開始されている。中国では、2016年6月に中国国家発展改革委員会(NDRC)と中・国家能源局が連名で公布した「エネルギー技術革命創新行動計画(2016-2030年)」において「ペロブスカイト太陽電池およびペロブスカイトと結晶シリコンのタンデム型太陽電池の産業化技術の確立」を重点目標に挙げており、ペロブスカイトの技術開発が進められてきた。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事