> コラム > ベルリンを舞台にした電動スクーター競争
エネルギースタートアップ最前線

ベルリンを舞台にした電動スクーター競争

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツでは脱原発と再生可能エネルギーの導入、省エネの拡充を進めるというスローガンの下に政府もさることながら多くの市民が集い、取り組みを進めている。エネルギー転換(ドイツ語で言うとエナギーヴェンデ)と呼ばれる取り組みにはドイツ国内のみならず、世界の目が注がれることとなった。こうした取り組みは日本でも多く紹介されているが、その中であまり積極的に取り上げられていないのが、中小企業や新興企業の役割である。

ドイツの中小企業はミッテルシュタントとも呼ばれ、ドイツの経済とエネルギーを支える根幹を形成している。

(※全文:1936文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ