> コラム > ドイツの自治体1300以上で導入、太陽光屋根台帳システムを開発したIPーSyscon
エネルギースタートアップ最前線

ドイツの自治体1300以上で導入、太陽光屋根台帳システムを開発したIPーSyscon

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツのエネルギー転換の推進にとって最もコスト効率が高いと言っても過言ではないのが、太陽光屋根台帳システムだ。自宅の屋根の太陽光のポテンシャルをインターネットで知ることができるこの仕組は、導入にかかるコストに比べて太陽光発電の普及効果がとても高い。

オスナブリュック市が2008年に地元の大学などと共同で開発した太陽光屋根台帳はいまやドイツのみならず世界中で利用されているシステムのはしりとも言えるものである。

自治体にとって最適な投資は教育効果の高い仕組み

(※全文:2237文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.