> コラム > ドイツで行われたエネルギービジネスの展示会、E-World
エネルギースタートアップ最前線

ドイツで行われたエネルギービジネスの展示会、E-World

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツで毎年開催されるエネルギービジネスの専門展示会『E-World』。2019年は2月5日から7日の3日間開催され、26カ国からのべ780社が出展し、訪問者数は25,000人を記録した。

エネルギービジネスはデジタル化の影響を最も強く受ける業界の1つであり、今回のE-Worldでもデジタル化を活かす製品・サービスの紹介が多かった。E-Worldにはスタートアップも出展しており、「イノベーション」がテーマのスペースには90の新興企業やスタートアップが自らの製品やサービスを提供していた。例えばこの連載で既に紹介したFreshEnergyもこのスペースに出展していた。さらには「Speed-dating」という名のピッチが開催されており、起業家や研究機関はそれぞれ持ち時間8分で自らのプロジェクトを説明していた。

(※全文:1726文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.