エネルギースタートアップ最前線

賢い電力消費促すFresh Energy

ドイツでは2017年より大口の電気顧客からスマートメーターの導入が順次義務化されていく。2020年には一般家庭にもスマートメーターの設置の義務が課せられ、少しずつスマートメーターの普及が進み、2030年にはすべてのメーターがスマート化する予定だ。今回はドイツで普及が始まったスマートメーターのスタートアップを紹介する。

1年に1回しか電力消費量を見ないドイツ

スタートアップを紹介する前にドイツの電気の支払い事情について説明が必要だろう。ちょっと信じられないが、ドイツの一般的な電力メニューでは、電気代の請求書は年に一度しか届かない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報