> コラム > プロ化する太陽光発電事業 「32円」のインパクト
地域貢献型再エネのツボ

プロ化する太陽光発電事業 「32円」のインパクト

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回、第2回は地域貢献型の再エネ事業について整理する、と書いた。しかしその前に、平成26年度が始まり、事業用太陽光(10kW以上)は32円/kWh(税別)に決定した。そこで今回は先にこの価格で、新たに太陽光発電事業を実行するために必要な要素を確認したい。

さらなるコストダウンが必要

現在、弊社が主に事業を行っている東北地方太平洋側の日射量で試算してみると、事業資金をほぼ100%金融機関調達とする前提では、初期のシステム単価は23~25万円/kW程度が適当という結果となった。

ご存知の通り、初期費用には他に、系統連系負担金、土地の造成費、賃貸料(売買価格)などの変動要素があるため一概には言えないし、事業者が自己資金を多くしたり、補助金を獲得するなどで借入を減らす等ができれば、状況は変わってくると思うが、1つの目安になるだろう。

他社の提案資料や事業計画では20年後の最終利益とIRRだけを見せている場合が多いが、金融機関レビューに耐え得る事業計画であるためには、事業期間中のキャッシュフローまでを明らかにし、融資が返済可能であることを示さねばならない。

(※全文:2,174文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

地域貢献型再エネのツボ バックナンバー

この記事の著者

三木 浩(みき・ひろし)

サステナジー株式会社 取締役

青山学院大学理工学部卒。NTT系企業・外資大手半導体メーカーにてシステムエンジニア、ネットベンチャーにてネット関連新規ビジネス立ち上げのコンサルティングに従事、その後アクセンチュア株式会社にて、シニアマネージャーとして戦略、IT等のコンサルティング、業務改革他多岐に渡るプロジェクトマネージャーを行った。2007年8月に独立、サステナジーには創業時取締役として参画し、事業戦略や事業モデルの策定等を行っている。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.