気候変動、世界の潮流

米中欧州目標発表と積みあがるGCF拠出で国連気候変動

  • 印刷
  • 共有

アメリカと中国の目標発表

2014年11月12日、アメリカと中国が、新しい温室効果ガス排出量目標を共同で突如として発表した。このニュースは、気候変動問題に取り組んでいる国際的なNGOのネットワークの中でも驚きをもって迎えられた。

前回までの連載で述べてきたように、現在、各国は2015年3月までに、新しい温室効果ガス排出量削減目標を提示することが期待されている。それらの目標は、2020年から始まる新しい国際枠組みの中での目標として、2025年や2030年を目標年としたものである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報