> コラム > パリ協定の「5年サイクル」の意味
気候変動、世界の潮流

パリ協定の「5年サイクル」の意味

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択されたパリ協定(※1)の内容の中で、1つ特徴的なものが、「5年サイクル」だ。

この「5年サイクル」は、前回の記事でも解説した通り、現状では不十分な各国の取り組みを将来的に強化していくための仕組みとして導入された。しかし、実際に各国の取組みが強化されるかどうか、そして、脱炭素社会へ向けての動きをより加速させることができるかどうかは、この「5年サイクル」の中で提供される機会を、各国政府、企業、自治体、メディア、市民といった様々なステークホルダーが、活用できるかどうかにかかっている。

どんな国際条約でもそうであるが、パリ協定も、それが提供する枠組みを活かすも殺すもそれに参加する国々と市民の取組み次第であり、座して待っていては、その真価は発揮されない。

(※全文:3,395文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

気候変動、世界の潮流 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.