気候変動、世界の潮流

パリ協定実施における民間企業の役割

  • 印刷
  • 共有

パリ協定およびその交渉過程では、各国政府が行うべき事柄だけでなく、民間企業の役割についても大きな期待がある。今回は2つの側面から、パリ協定実施の中でのビジネスの役割について論じてみたい。

「実質ゼロ」長期目標からの脱炭素シグナル

1月11日号の連載でも言及しているが、パリ協定には「今世紀後半にCO2の人為的な排出量と吸収量を均衡(バランス)させる」という長期目標が盛り込まれた。つまり、排出量を実質的にゼロに向かわせる「脱炭素化」という方向性が打ち出されたのである。もっと極端に言えば、今世紀後半には、化石燃料ベースの設備は使えないということである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報