> コラム > 三菱電機スマートハウス事業、パートナーとコラボで全体最適ソリューション
先進企業に聞く次の10年構想

三菱電機スマートハウス事業、パートナーとコラボで全体最適ソリューション

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

三菱電機は、省エネルギーの全体最適化プランを提案するソリューション型営業を強化し、ユーザーに近い電気工事事業者、電力・ガス小売事業者、さらに専門メーカーなどのパートナーと組み、ユーザーメリットを追求する。

震災から4年目、復調したオール電化

三菱電機 電材住設PV事業部の津瀬 保彦事業部長は、今後PV市場では導入の主目的が売電から自家消費に移行し、市場での住宅用の比重がより高まるとみる。

(※全文:2,229文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

先進企業に聞く次の10年構想 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.