> コラム > センシング&コントロール技術で時代の要請に応える
先進企業に聞く次の10年構想

センシング&コントロール技術で時代の要請に応える

環境ビジネス編集部

記事を保存

先進企業に聞く次の10年構想シリーズ第12回 オムロンヨーロッパのCEOを経て環境事業本部長を担う行本氏。2020年までの10年間における長期経営計画では時代の要請として、IoT、AIを取り入れることも視野に入れる。FIT法改正で再生可能エネルギー市場が変革期となる中で、太陽光発電においてはO&Mが大切な要素になると見る。グローバル市場での社会貢献をめざすオムロンの事業構想を聞く。

(※全文:1651文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

先進企業に聞く次の10年構想 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ