> コラム > 安定収益を確保する事業計画の立て方 ~ バイオガス発電事業について ~ (中編)
実録 環境ビジネスセミナー

安定収益を確保する事業計画の立て方 ~ バイオガス発電事業について ~ (中編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

社会情勢が追い風になっている今、バイオガス発電事業への参入のチャンスが高まっている。アーセックの三嶋代表が解説する『バイオガス発電事業を計画するにあたって、抑えておくべきポイント』。事業を取り巻く環境とその特徴・可能性をまとめた前編に続き、中編では実際の成功事例を紹介。地域の特性をいかしながら事業を発展させてきた先行事例に学ぶことは多い。

(※全文:2583文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

講師プロフィール

三嶋大介氏(みしま・だいすけ)
三嶋大介氏(みしま・だいすけ)
株式会社アーセック 代表取締役
バイオガスプラントメーカーである㈱リナジェンより事業組成部門を分離・独立。バイオガス発電等、地域に根差した資源循環コンサルティングを実施中。工学博士、技術士(衛生工学/廃棄物管理)
 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ