協会・団体の最新動向

若いエンジニアの力で社会を変える

  • 印刷
  • 共有

同期の勉強会からスタートしたコネクションが大きく成長

「テクノロジーで社会を変える」という目標を掲げて2017年8月に設立したのが『一般社団法人 未来技術推進協会』だ。

「ここ最近、日本からイノベーションが起きていません。世界を変える技術が出ていないんですね。ですから、若手研究者でイノベーションを起こす!というミッションを持って、昨年に団体を立ち上げました」というのは代表理事である草場 壽一 氏だ。草場氏は現在、35歳。昨年の団体設立以前は、メーカーの研究所でエンジニアを務めていた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事