> コラム > 金融の力を使って環境問題を経済社会の内に取り込む
協会・団体の最新動向

金融の力を使って環境問題を経済社会の内に取り込む

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

一般社団法人 環境金融研究機構(通称:RIEF)は、環境金融という考えの啓もう・普及と発展・展開、最新の世界の環境金融関連の情報発信を行う団体だ。団体の代表理事は、「環境金融」という概念を提唱した藤井良広氏が務める。藤井氏は、長く経済記者を務めた人物で、主に金融に関連する取材を重ねていた。そうした経験の中で、環境と金融を融合させた環境金融という考えを見つけ提唱することになる。経済紙を退任した後は上智大学で教鞭をとるようになり、あわせて2014年に一般社団法人 環境金融研究機構(通称:RIEF)を設立して、今に至るという。

(※全文:964文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

協会・団体の最新動向 バックナンバー

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.