協会・団体の最新動向

『森の価値』は木材だけではない 企業とのパートナーシップで社会課題解決を目指す

  • 印刷
  • 共有

2007年に、音楽家の坂本龍一氏らが中心となって設立された、一般社団法人 more trees。「都市と森をつなぐ」をテーマに間伐や植林を通した森林保全活動やカーボン・オフセット事業、木材を活用したプロダクトの開発などを行っている。企業などとのコラボレーション活動も積極的に行う同団体の水谷氏、河野氏に、環境と都市、そして経済とのかかわりについて伺った。

都市と森との間に「価値の循環」をもたらす

運営の柱として、「森と都市との架け橋となるような活動を通じ、双方の価値の循環を促していく」(PR・コミュニケーション 河野明日実氏)ことを掲げるmore trees。ここでいう「都市と森をつなぐ」とは、セミナーやツアーなどで「人」と森をつなぐこと、国産材プロダクトなどの「もの」を届けること、カーボン・オフセットで「空気」を変えること。そして東日本大震災以降には、被災地支援プロジェクト「LIFE311」が加わり現在の形となった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報