> コラム > 制度スタートから5年が過ぎたソーラーシェアリングの課題と未来
協会・団体の最新動向

制度スタートから5年が過ぎたソーラーシェアリングの課題と未来

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

農林水産省が営農型発電を認め、制度がスタートしたのが2013年だ。営農型発電とは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うこと。一般的にはソーラーシェアリングとも呼ばれる。今回は、その営農型発電の協会の一つである一般社団法人全国営農型発電協会に話を聞いた。

(※全文:1507文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

協会・団体の最新動向 バックナンバー

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.