> コラム > 全量買取制度で始まる太陽光発電事業(3) メガソーラーで環境改革、PR効果大
全量買取制度、価格決定! 特集記事

全量買取制度で始まる太陽光発電事業(3) メガソーラーで環境改革、PR効果大

環境ビジネス編集部

記事を保存

メガソーラーで環境改革、PR効果大

レンゴーでは、2006年、京都府内の事業所に工場屋根の断熱を兼ねて2400枚の太陽光パネルを設置したが、福島矢吹工場は、その3倍以上の規模で、「電機メーカー以外でこれだけの規模で導入した工場は、極めて珍しい」(パッケージング技術開発本部技術開発部技術開発二課衣斐康二課長、以下同)という。

同社が大規模な太陽光発電の導入を決めたのは、「業界のリーディングカンパニーとして、環境に配慮した経営を率先して行うべき」という経営トップの判断からだ。

導入と同時に工場をオール電化

食堂厨房工場の食堂も電化され、
脱炭素化が進められている

「昼間の使用電力をすべて太陽光発電で賄う」という大号令のもと、過去の天気の情報と照らし合わせ、出力のシミュレーションを繰り返し、設置する設備の規模を決定した。

また、これに合わせ、食堂の厨房機器すべてを電化するなど、工場の"オール電化"も行い、工場全体の脱炭素化も進めた。これまでのところ、発電容量は、ほぼ当初の見込み通りに推移しており、1日の電力使用量の約1/4を賄っている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

全量買取制度、価格決定! 特集記事 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.