> コラム > 全量買取制度で始まる太陽光発電事業(1) コスト効率・最適化で新技術続々
全量買取制度、価格決定! 特集記事

全量買取制度で始まる太陽光発電事業(1) コスト効率・最適化で新技術続々

環境ビジネス編集部

記事を保存

発端は、2008年に打ち出された福田ビジョンだった。低炭素社会を目指すために、太陽光発電の飛躍的導入拡大が表明された。それを受けて、電気事業連合会が2020年までに全国で合計約14万kWのメガソーラー発電導入の方針を公表したのだ。

建設にこぎつけるためには、まず数千、数万枚という太陽光パネルを敷き詰める広大な敷地が必要となる。東京電力はさっそく、所有する川崎市扇島の約23haの土地に着目した。そこから北東数km先の川崎市浮島には、川崎市が所有する約11haの廃棄物埋め立て処分地があった。埋立地は一般の土地として利用するためには雨水浸透による浄化処理が必要で、完了するまでに20年近くかかる。その間の土地を有効利用する手だてが模索されていた時に打ち出された福田ビジョン。川崎市は東京電力に土地を提供、2009年に川崎市臨海部におけるメガソーラー発電計画の基本協定が締結された。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

全量買取制度、価格決定! 特集記事 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.