> コラム > メガではなく中規模・太陽光導入で勝つ戦略(2) 中小製造業本社屋上に太陽光発電
全量買取制度、価格決定! 特集記事

メガではなく中規模・太陽光導入で勝つ戦略(2) 中小製造業本社屋上に太陽光発電

環境ビジネス編集部

記事を保存

今年の2月28日、本社工場の社屋屋上に最大発電出力64kWのパワーを持つ、大規模な太陽光発電設備の稼動を発表した、レーザー加工機など自動機の製造販売を行うレザック。同社は1982年より大阪府・八尾市でCADシステムをはじめ、サンプルカット機やレーザー加工機、刃物自動曲機・切断機から印刷紙器のブランク部とカス部を自動に分離させるブランキングシステムなど抜き型関連機器などを製造販売してきた。

2008年、大阪八尾市内の3箇所に点在していた工場を本社工場に集約させ、敷地面積1652平方メートル、建築面積は3階建ての970平方メートルという大規模な工場へと成長させた。太陽光発電設備は社屋の屋上。全面に敷き詰めて設置するという。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

全量買取制度、価格決定! 特集記事 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.