> コラム > 太陽光発電事業のカギを握る「設置方法」(3) 発電量高めるコーティング
全量買取制度、価格決定! 特集記事

太陽光発電事業のカギを握る「設置方法」(3) 発電量高めるコーティング

環境ビジネス編集部

記事を保存

もしも、手軽に太陽光発電の効率を高めたいと考えているのなら、コーティング剤を太陽光パネルガラスの表面に塗る、という方法をとるべきだろう。それだけで発電量を数%、高めることができるからだ。

とりわけ注目されるのがジャパンナノコート(東京都)が開発したコーティング剤「AS-LR」だ。社長の島田誠之氏が簡単な実験を行った。透明な液体を少し布に付けて透明なガラスの表面に塗ったのである。ガラスを黒い生地の上に置くとその違いがすぐに分かる。何もしていないガラスに比べて、液体をコーティングしたガラス越しに見る生地の黒色が締まって見えるのだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

全量買取制度、価格決定! 特集記事 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.