> コラム > 世界遺産の電力供給 日光二社一寺自家用共同組合電気事務所 滝尾発電所
小水力発電の最新動向と事例

世界遺産の電力供給 日光二社一寺自家用共同組合電気事務所 滝尾発電所

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

栃木県の「小水力のシンボル」

日光二社一寺_阿久津所長

日光二社一寺 阿久津善徳所長

1999(平成11)年に世界遺産に指定され、年間を通じて国内外から多くの観光客でにぎわう、栃木県日光市にある「日光の社寺」。その山内の木々が鬱蒼と生い茂る一角に、今回ご紹介する小水力発電所である「滝尾発電所」が建つ。

滝尾発電所を運営するのは、日光の社寺を構成する日光東照宮と日光二荒山神社、輪王寺が共同で設立した「日光二社一寺自家用共同組合」の電気事務所だ。

(※全文:1973文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

小水力発電の最新動向と事例 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.