> コラム > 二国間クレジット「設備補助事業」、20年度募集のポイントや変更点を解説
二国間クレジット制度(JCM)最前線

二国間クレジット「設備補助事業」、20年度募集のポイントや変更点を解説

日本政府は優れた脱炭素技術等によるインフラ及び製品の提供等を通じた開発途上国における温室効果ガス(greenhouse gases以下「GHG」という)の排出抑制等への貢献を定量的に評価し、日本の削減目標達成に活用するため二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism: JCM)を実施している。
このJCMへの登録を目指すプロジェクトの実施を資金支援するために、環境省は、「JCM設備補助事業」を実施している。
 公益財団法人地球環境センター(GEC)は、2013年度(平成25年度)は事務局として、また2014年度(平成26年度)より執行団体としてこの補助事業の運営管理を務めており、2020年度(令和2年度)においても引き続き執行団体として、事業者からの案件公募を行う。

本年度の公募については以下の内容で公募提案書の募集を開始する。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.