再エネの始め方

企業が再エネを「競り下げ」式で調達する、価格以外の意外なメリットとは?

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「再エネの始め方」第2回。中小企業向けの再エネ促進施策として、自治体において「電力リバースオークションサービス」の活用が広がりつつある。リバースオークション(競り下げ方式)とは、入札の参加者が一定期間内に、最低価格を確認しながら何度でも再入札できるしくみ。事業者単体でも利用できるが、自治体と共に取り組むことで意外なメリットが得られるという。同サービスを展開するエナーバンクの代表取締役社長、村中健一氏、COO佐藤丞吾氏に話を聞いた。(協力:環境省 再エネスタート)

(左)エナーバンク 代表取締役社長 共同創業者 村中 健一氏/(右)エナーバンク COO 共同創業者 佐藤 丞吾氏
(左)エナーバンク 代表取締役社長 共同創業者 村中 健一氏/(右)エナーバンク COO 共同創業者 佐藤 丞吾氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報