> コラム > 中小企業の脱炭素化 電力59%再エネ化で電気代も削減、SBT認定支援も
再エネの始め方

中小企業の脱炭素化 電力59%再エネ化で電気代も削減、SBT認定支援も

環境ビジネス編集部

シリーズ「再エネの始め方」第7回。大企業はもちろん、中小企業での取り組みも増えている脱炭素経営。一方で、コストやマンパワーの問題などから一歩を踏み出せない企業も多いのではないだろうか。空調メンテナンスを主力事業とするエコ・プランでは、ある疑問を抱いた一人の社員の立案が経営層を動かし、自社拠点における再エネ由来電力の順次導入につながった。疑問を持つだけでなく、自ら行動し、その経験を基に、現在は中小企業向けの脱炭素経営支援なども行う野村 裕紀子氏と、その上司の水谷 忠宣氏に同取り組みの経緯や苦労した点などについて聞いた。(協力:環境省 再エネスタート)

(左)エコ・プラン 環境事業本部 ESC事業部 営業推進課 副主任 野村 裕紀子氏/(右)エコ・プラン 執行役員 水谷 忠宣氏

(左)エコ・プラン 環境事業本部 ESC事業部 営業推進課 副主任 野村 裕紀子氏/(右)エコ・プラン 執行役員 水谷 忠宣氏

自分たちにできる小さな一歩から

空調器機の分解洗浄により、設備の効率化および省エネ促進などを支援しているエコ・プラン。他社の省エネを促進する立場にありながら、自社では脱炭素化に向けて具体的なアクションを取っていないことに疑問を抱いた社員が声を挙げ、まずは「自分たちにできることから」と脱炭素関連コンテンツの配信を始めた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


再エネの始め方 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.