再エネの始め方

都市部の再エネ供給力不足をどう補う? カギは資源豊富な地域との連携にあり

※画像はイメージです
※画像はイメージです

シリーズ「再エネの始め方」第9回。2050年までに脱炭素化を目指すゼロカーボンシティを宣言した横浜市では、再エネ資源を豊富に有する東北の13市町村と「再生可能エネルギーに関する連携協定」を締結した。これは、再エネの主力電源化への課題のひとつである、再エネポテンシャルが高い地域と電力大消費地である都市部が離れていることへの解決の道筋にもなる。同市の再エネの利用拡大に向けた取り組みについて、温暖化対策統括本部 企画調整部担当部長の高橋 一彰氏に聞いた。(協力:環境省 再エネスタート)

横浜市 温暖化対策統括本部 企画調整部担当部長 高橋  一彰氏
横浜市 温暖化対策統括本部 企画調整部担当部長 高橋 一彰氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報