再エネの始め方

オフィスビルのテナント単位で再エネ100%実現 福島の自社太陽光発電活用

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「再エネの始め方」第4回。従来、複数テナントが入居するオフィスビルにおいて、テナントで入っている企業が再生可能エネルギーをオフィス内の電力として利用するのは難しいとされていた。一般的に、ビルオーナーが電力会社と契約し、各テナントは毎月の電気代をビルオーナーへ支払う流れとなるのがほとんどだからである。そんな中、自社が保有する太陽光発電所を由来とする環境価値を活用し、テナントスペースでの使用電力を100%再エネ化した、芙蓉総合リースの土肥 良一氏にその取り組みについて聞いた。(協力:環境省 再エネスタート)

030431-0023
芙蓉総合リース CSV推進担当 土肥 良一氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報