再エネの始め方

自治体に包括的な支援を提供 地域と再エネの共生と相互発展を目指す

※画像はイメージです
※画像はイメージです

シリーズ再エネの始め方第14回。2050年カーボンニュートラルの実現には、国と地域の協働・共創が不可欠であり、地域の特色を最大限に活かした取り組みが必要だといわれている。再エネ普及拡大に向けた自治体支援などを積極に進めている、再生可能エネルギー地域活性協会(略称:FOURE)の事務局長 采川 佳弘氏に、同協会の取り組みについて聞いた。(協力:環境省 再エネスタート)

一般社団法人再生可能エネルギー地域活性協会(FOURE)事務局長 采川 佳弘氏
一般社団法人再生可能エネルギー地域活性協会(FOURE)事務局長 采川 佳弘氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報