> コラム > J-クレジットで企業の再エネ100%に 社員には自社太陽光発電電力を提供
再エネの始め方

J-クレジットで企業の再エネ100%に 社員には自社太陽光発電電力を提供

環境ビジネス編集部

シリーズ「再エネの始め方」第5回。再エネの導入は、オフィスビルにテナントとして入居する企業にとっては「どう取り組むべきか分からない」という思いもあるのではないだろうか。立地にかかわらず脱炭素経営を積極的に推進し、テナントとして入居するオフィスの100%再エネ化を達成したメンバーズの高野 明彦氏に、その取り組みについて聞いた。(協力:環境省 再エネスタート)

030498-002

メンバーズ 取締役 兼 専務執行役員 高野 明彦氏

J-クレジット活用で再エネ100%を2年前倒しで達成

ウェブサイトやEC(電子商取引)サイトの企画・運営を柱とするデジタルマーケティング事業を展開するメンバーズは、2020年度の事業活動に伴う電力について、100%再エネ化を達成した。「再エネ100宣言 RE Action」に加盟し、2022年末までに再エネ100%に転換することを掲げていたが、その目標を2年前倒しで達成したことになる。

同社はオフィスビルに入居しているため、自社単独での電力契約の切り替えは困難で

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


再エネの始め方 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.