地域貢献型再エネのツボ

新しい地方創生の形 ~ 正しいFITの使い方

  • 印刷
  • 共有

事業概要

はじめに

2017年7月に宮城県登米市と加美町にそれぞれ2Mクラスの太陽光発電所が1箇所ずつ完成した。どちらのサイトも農地であるため、営農が義務付けられている。売電はそれぞれ加美は9月、登米は10月から開始している。農業は既に6月からは先行してキクラゲ栽培を始めている。本稿では、その事業の実際と地域での潜在的な問題点、およびソーラーシェアリングによる地域活性化の可能性についてお伝えする。

発電所写真:登米
発電所写真:登米

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事