> コラム > 産業廃棄物、管理業務の代行  ― 責任の所在
それは危ない!〇×式廃棄物

産業廃棄物、管理業務の代行  ― 責任の所在

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

多岐にわたる産業廃棄物関連業務。業務につき、排出事業者ではない他社が代行している場合もあるだろう。考えられる事例から、望ましくない状況と、注意しなければならない点を紹介する。

産業廃棄物を排出すると、適正な処理と法令への対応についての責任が発生する。処理業者を選定し、条件を交渉、委託契約書を締結し、マニフェストを交付、返送された伝票を照合し保存し、請求・入金の管理、さらには年度ごとの報告書作成をする。

というように、法令で定められる規定を中心に、排出事業者が行うべき産業廃棄物に関わる業務は多岐にわたる。この業務は排出事業者の責任で行う事が定められているが、排出事業者ではない他社が代行している場合もあるだろう。考えられる事例から、望ましくない状況と、注意しなければならない点を紹介する。

廃棄物処理法の定め

まずは、廃棄物処理法においてどのように定められているのかを確認したい。廃棄物処理法は正式には「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」という。

(※全文:3,502文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

それは危ない!〇×式廃棄物 バックナンバー

この記事の著者

子安 伸幸(こやす のぶゆき)
子安伸幸(こやす・のぶゆき)
株式会社ユニバース 主任コンサルタント
 本コラム連載内容と連動したセミナーを虎ノ門にて定期開催中。(http://www.universe-corp.jp/
千葉大学工学部卒業後、産業廃棄物処理を行う株式会社ジェネスに入社後コンサルティング・セミナー部門として独立した株式会社ユニバースの立ち上げに参加。著書に『環境担当者の仕事がわかる本』『図解産業廃棄物処理がわかる本』(いずれも日本実業出版社)など。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.