> コラム > 廃棄物データシート(WDS)は契約時に必要?
それは危ない!〇×式廃棄物

廃棄物データシート(WDS)は契約時に必要?

子安 伸幸

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「処理委託契約書に、廃棄物データシート(WDS)を添付するように書かれているけど、必要なの?」
「処理業者に廃棄物データの提出を求められたけど、書式は決まっているの?」

契約書の締結やチェックの際に意外と困るWDSの取り扱い。WDSにはどのようなルールがあるのか、対応別に×○◎で確認してみましょう。

×【それは法令違反!】

契約書に「廃棄物データシート(WDS)などを添付する」と記載があるが、実際には添付されていない。

産廃の処理委託契約において、排出事業者から処理業者に提供する情報として、【廃棄物の性状・荷姿・性状の変化に関する事項・取扱いの注意事項】などを記載する義務が定められています。WDSは、その情報提供を補完する役割を担うものです。産廃の処理委託契約書にWDSを添付することは義務ではありません。しかし、契約書によっては、必要事項を記載する欄がなく、「廃棄物データシート(WDS)などを添付する」とだけ書かれている場合があります。この時には、WDSなどが添付されていないと法律の記載事項が満たせていないため、法律違反となります。

(※全文:867文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

それは危ない!〇×式廃棄物 バックナンバー

この記事の著者

子安 伸幸(こやす のぶゆき)
子安伸幸(こやす・のぶゆき)
株式会社ユニバース 主任コンサルタント
 本コラム連載内容と連動したセミナーを虎ノ門にて定期開催中。(http://www.universe-corp.jp/
千葉大学工学部卒業後、産業廃棄物処理を行う株式会社ジェネスに入社後コンサルティング・セミナー部門として独立した株式会社ユニバースの立ち上げに参加。著書に『環境担当者の仕事がわかる本』『図解産業廃棄物処理がわかる本』(いずれも日本実業出版社)など。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.