> コラム > 産廃の引渡しに立ち会いは絶対か?
それは危ない!〇×式廃棄物

産廃の引渡しに立ち会いは絶対か?

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「廃棄物の引渡し現場に立ち会ったことはない。」
「収集運搬業者が定期的に勝手に回収していってくれる。」

このようのことが、あなたの会社でも起きていないでしょうか? 収集運搬車両に廃棄物を積み込む際に、排出事業者は必ずその場に立ち会う必要があるでしょうか。ここでは、廃棄物の引渡しの立ち会いについて、×△○の3つのパターンを見ていきましょう。

(※全文:752文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

それは危ない!〇×式廃棄物 バックナンバー

この記事の著者

子安 伸幸(こやす のぶゆき)
子安伸幸(こやす・のぶゆき)
株式会社ユニバース 主任コンサルタント
 千葉大学工学部卒業後、産業廃棄物処理を行う株式会社ジェネスに入社後コンサルティング・セミナー部門として独立した株式会社ユニバースの立ち上げに参加。著書に『環境担当者の仕事がわかる本』『図解産業廃棄物処理がわかる本』(いずれも日本実業出版社)など。
「ユニバース 環境」で検索 http://www.universe-corp.jp/
Twitter:@nkoyasu
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.