ドイツ・エネルギー事情

ドイツのエネルギーシフトを推進する力(その2)

  • 印刷
  • 共有

ここまでのコラムで、ドイツが推進しようとしている2050年までの「エネルギーシフト」、正確には「エネルギーヴェンデ(エネルギーの大転換)」について解説してきた。再エネのイノベーションについて3回、省エネについて3回、地域暖房とコジェネという高効率化対策についての3回で、おおよその概要はお分かりいただけたかと思う。連載の締めくくりとしてエネルギーシフトにまつわるアレコレを3回にわたって述べる。

再エネ発電のイノベーションの本質は?

再生可能エネルギーによる発電について、ドイツでは、日本では考えられていないレベルでイノベーションが起こっている、あるいは起こりうる環境が整っていることを、この連載のはじめの部分で述べました。(ドイツのエネルギーシフトがもたらした市場とイノベーション(その1)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事