森田正光の「一体何が問題なの!?」

気温、大雨-「“記録ずくめ”の危うさ」

  • 印刷
  • 共有

お天気キャスターでおなじみの森田正光氏が、環境問題や異常気象などについて語るコラム。第二回目は近年記録更新が相次ぐ日本の最高気温の話と、毎年のように発生するようになった「大雨」といった、「夏」をテーマに解説していただきました。

「“記録ずくめ”の危うさ」

どんな記録も、いつかは破られる。そう実感したのは、2007年夏のことでした。埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で最高気温40.9℃を観測し、それまで国内最高記録だった山形市の記録(40.8℃)を74年ぶりに塗り替えたのです。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報