森田正光の「一体何が問題なの!?」

クマによる人身被害、過去最悪のペースに 多発する意外な理由とは?

  • 印刷
  • 共有

お天気キャスターでおなじみの森田 正光氏が、環境問題や異常気象をはじめ地球のアレコレについて語るコラム。近年、クマによる被害が増加している原因はなぜか。エサ不足や環境変化のほかにも、実は意外な理由があった。

「クマ被害多発のリアル」

画像はイメージです
画像はイメージです

2023年の秋は、クマ出没の報道が途切れることがありませんでした。10月末までの半年間、クマによる人身被害は全国で180人と過去最悪のペース。これまで最も被害が多かった2019年、2020年より約13%多くなっています(環境省調べ)。

東北地方は早い段階から、今年はツキノワグマの出没が増えると予測されていました。実際は予想を大きく上回る件数となり、10月だけで被害が71人と2022年の1年分に匹敵する数でした。秋田県や宮城県は「クマ出没警報」を11月末まで延長するなどの措置をとりました。

なぜ、被害は多いのか

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事