> コラム > 『生物季節観測』存続希望
森田正光の「一体何が問題なの!?」

『生物季節観測』存続希望

お天気キャスターでおなじみの森田正光氏が、環境問題や異常気象などについて語るコラム。第三回目は、気象庁が毎年行っている「生物季節観測」について。桜の観測が有名だが、アブラゼミやミンミンゼミなどの昆虫も観測対象となっている。実は来年から昆虫が観測対象外となり、生物の観測が途絶えることになる。その影響について森田さんが解説する。

『生物季節観測』存続希望

気象庁は現在、23種の動物(鳥や昆虫など)と、34種の植物を対象に、全国の気象台と測候所58地点で「生物季節観測」を行っています。気象官署によって項目は異なりますが、例えばセミだけでも、おなじみのアブラゼミやミンミンゼミ、ヒグラシ、沖縄はクサゼミの仲間など多種多様な観測が続けられています

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %

森田正光の「一体何が問題なの!?」 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.