新展開を見せるスマートグリッド

エコポイントから電気マネー構想への発展

今回は新連載「新展開を見せるスマートグリッド」の連載11回目として、「エコポイントから電気マネー構想への発展」について解説してみたいと思います。

項目としては、(1)日経コミュニケーションで「電気マネー」構想が提唱される、(2)「エネルギーのインターネット(スマート国民総発電所構想)」との関係、(3)「スマートハウス」や「スマートオフィス」などの部分最適を積み上げて、「スマートコミュニティ」などの全体最適を実現、(4)エコポイントは決済通貨としての「電気マネー」へと進化、の4つです。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報