> コラム > フォーゲルスベルク郡とバイオエネルギー地域ヘッセン中部(前編)
国を挙げたエネルギー転換の実現に貢献するドイツの自治体

フォーゲルスベルク郡とバイオエネルギー地域ヘッセン中部(前編)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再エネプロジェクトの価値創造を考える

ドイツで再エネ法が施行されてから15年、ドイツ国内では様々な再エネ推進の計画が策定され、実施されてきた。想定通りに行かないケースも多くあり、再エネ計画の効果を量的に測定する必要性は早くから指摘されてきた。

ドイツでは、ベルリンにあるエコロジー経済研究所(Institut für ökologische Wirtschaftsforschung、IÖW)が再エネ村の経済効果の量的評価に関する研究を行っており、日本でも紹介されるようになってきている 。(※)

※ 例えばJörg Raupach et al.、「Regional economic effects of renewable energies - Comparing Germany and Japan」、2015年など

(※全文:2,591文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

国を挙げたエネルギー転換の実現に貢献するドイツの自治体 バックナンバー

この記事の著者

西村 健佑(にしむら・けんすけ)

コンサルティング会社、調査部勤務

1981年大阪府出身。立命館大学経済学部卒、2005年に渡独し、ベルリン自由大学環境政策研究所にて環境学修士取得。同研究所博士課程在籍中にベルリンの調査会社に勤務しはじめ、現在は日本やドイツの顧客からの依頼を受けて調査、通訳、翻訳を手がける。業務では国の政策から地方の取り組みまで、ドイツを中心に環境・エネルギー政策をカバー。専門分野は電力及び省エネ政策。共訳に『緑の産業革命(昭和堂)』など。
ICH Industrieanlagen, Consulting und Handel GmbH

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.