> コラム > エコな生活はフリーマーケットから
ドイツ・地域再エネ

エコな生活はフリーマーケットから

ドイツでは、よくフリーマーケットを見かける。骨董品や家具、お鍋、絵画、本、雑貨などありとあらゆるものがあり、どう見てもがらくたにしか見えないものもある。なぜドイツ人はフリーマーケットが好きなのか。他の人が不要となったものを活用するフリーマーケットは節約志向だけでなく、断捨離やスローライフが注目される時代を反映している。

新しければいいわけではない

私の住む北ドイツのハノーファーでも、毎週土曜日に旧市街の川沿いで大きなフリーマーケットが開かれている。出店料はスペースに応じて、5ユーロから。例えばあるスタンドではさまざまな形の蛇口がずらりと並んでおり、それしかない。どれも中古であり、曲がったもの、錆びかけたものもある。なぜひたすら蛇口なのか、そもそも買う人がいるのかと疑問がわく。アンティークの家具や食器を置いているスタンドも多い。素敵なカップがある一方、錆びたスプーンや欠けた絵皿など価値があるのかただ古いだけなのかよくわからないものもある。どのような運命を経てここに並んでいるのか、想像するのも面白い。値段もまちまちだから、交渉の手腕が問われる。

しかし共通するのは、捨てるのは忍びないから誰かに使ってもらいたいという思いだろう。ドイツではよいものを手入れしながら長く使う習慣があり、煉瓦造りの建物は何百年も持つ。新品へのこだわりはそれほどなく、時間の経過によって価値が下がるとは限らない。子ども服やおもちゃもセカンドハンドが好評で、新生児にもバザーで買った服を平気で着せる。何度も洗濯している肌着の方が、製造過程で使われた化学薬品が抜けてよいという。

(※全文:1339文字 画像:あり)

ドイツ・地域再エネ バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.