ドイツ・地域再エネ

自治体新電力の多くが参考にする シュタットベルケの本場ドイツからレポート

すっくと天に伸びる3つの煙突が目につく。これはハノーファーの街中にある天然ガス発電所で、地元では「暖かい3兄弟」の愛称で親しまれている。この発電所を所有するのがハノーファー都市公社いわゆるシュタットベルケである「エネシティ」である。

ロンドン、パリに次いでガス灯を設置

北ドイツに位置するハノーファーはニーダーザクセン州の州都で人口53万人。ドイツでは13番目の人口を抱える。1825年、ロンドンのガス組織の協力を得てドイツ初のガスの街灯がハノーファーに灯った。ロンドンの1808年、パリの1815年に次ぐもので、ベルリンの1826年より早い。当時のイギリスの王朝は1714年にハノーファーから国王を迎えて成立したためハノーファー朝と呼ばれ、ハノーファーとイギリスの結びつきは強かった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報