> コラム > リコー、グリーンラインでコピー機を再生 エコな取り組みで世界を牽引する
ドイツ・地域再エネ

リコー、グリーンラインでコピー機を再生 エコな取り組みで世界を牽引する

コピー機などの製造で知られるリコーは 1936年に日本で設立され、現在は東京に本社を構える。今では世界200カ国に進出し、事務機器メーカーの業界では世界トップレベルである。北ドイツのハノーファーにあるリコードイツを訪ね、エコロジカルな取り組みについて聞いた。

コピー機の再利用を可能にするグリーンライン

リコーはコピー機や印刷機、ホワイトボード、プロジェクターなど情報機器を中心に、製品の開発・生産・販売・サービス・リサイクルなどの事業を展開している。デジタルカメラも製造しており、360度撮影できる全天球カメラや、赤外線カメラ、ドライブレコーダーもある。リコーグループは世界で9万7000人以上の社員を抱え、西欧での2018年のMFP(プリンタ複合機)の 台数シェアは 20%、日本でのシェアは26%、世界では17%であり、いずれも業界トップを誇る。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.