リーガル固定価格買取制度

北側設置の太陽光パネル、反射光で問題発生 撤去命令下る

  • 印刷
  • 共有
(事案名)

屋根に設置したパネルの反射光が隣家の居間に入り込み、撤去と損害賠償を命じられた事例(横浜地裁平成24年4月18日判決、控訴され現在東京高裁で審理中)
[事件番号:平成24年(ネ)第3796号、第11民事部]

最近屋根貸しモデルによる太陽光発電が盛んになってきたが、反射光の向きを考慮に入れた、きちんとした施工を行わないと、パネルの撤去命令や思わぬ損害賠償請求を受けることになるので注意が必要である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報