リーガル固定価格買取制度

太陽光発電所のセカンダリー取引(完成した発電所の売却と購入)前編

  • 印刷
  • 共有

FITのプレミアム期間終了を間近に控え、日本でもにわかに活気づいてきた太陽光発電所のセカンダリーマーケット。国際弁護士で、太陽光発電所の売買にかかわる法務デューディリジェンスの経験も豊富なベーカー&マッケンジー法律事務所の江口直明弁護士に日本の市場動向や売買をスムーズに進める情報開示など3回に分けてご寄稿いただきました。(編集部)

固定価格買取制度も4年目に入り、建設工事が終わって売電を開始した太陽光発電所が増えてきた。資源エネルギー庁の発表によると2014年1月現在で13GW超の太陽光発電所が運転を開始している。原発13基分に相当する出力となる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報