リーガル固定価格買取制度

農林漁業再エネ法 ― 有望な対象地は市町村との協議を

  • 印刷
  • 共有

今回は、2013年11月15日に成立した農林水産省の「農林漁業再エネ法」をとりあげる。農地のみなし転用が可能になり、太陽光発電風力発電、バイオマス発電の対象地が拡大する可能性を秘めている。市町村への基本計画の提案及び設備整備計画認定申請は今から準備する必要がある。

農林水産省の
「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能
エネルギー電気の発電の促進に関する法律」の成立

2013年11月15日に「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律」(以下、「農林漁業再エネ法」という。)が参議院本会議で政府原案通り可決され成立した。法律の条文及び参考資料は下記を参照されたい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報