リーガル固定価格買取制度

太陽光発電用地がなくて困っている?農山漁村再生可能エネルギー法の活用は考えましたか?

  • 印刷
  • 共有

1.はじめに

2014年5月1日から「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律(以下「農山漁村再生可能エネルギー法」という。)が施行された。

この法律は使いようによっては、荒廃農地の「みなし転用許可」により太陽光発電用地を拡大させる可能性を秘めている。再生利用困難な荒廃農地だけで12.5万ヘクタールある。日本で最小の香川県が18.7万ヘクタールであるからその大きさはかなりの規模である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報