電力事業7つの大罪

「奇襲」「奇策」のすすめ「奇襲編その四」

  • 印刷
  • 共有

隠れたる真実

電力広域的運営推進機関が11月11日、家庭向けの電力小売りが自由化された4月から10月末までの7カ月で電力大手から209万100件の契約が新電力などに切替が行われたことを発表しました。各新聞では、「まだ契約総数の3.3%」という評価をしており、日本における電力自由化はまだまだ浪高しといった様相であるというニュアンスです。

しかし、一方でこのような数字も密かに公表されています。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報