電力事業7つの大罪

インバランス大戦 序章

  • 印刷
  • 共有

インバランスは、敵か味方か。

天秤

今日から、3回に分けて「インバランス」のことについて語っていこうと思います。

インバランスは、新電力事業の最大の参入障壁とされてきました。予測と実績の誤差は3%まで厳守とされて、それ以上は電力会社によっては50円/kWhにもなるなど、暴力的な単価が設定されていました。しかし2016年度から、これまで各電力会社がインバランス単価を定めてきたのが、広域機関によって市場と連動した形で定められることになりました。これによって、極端な単価ではなくなったと考えられています。では、一体どのくらいの単価になっているのでしょうか。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報