> コラム > 7つの大罪「需要家離脱理由把握率 顧客が顧客でなくなる時」
電力事業7つの大罪

7つの大罪「需要家離脱理由把握率 顧客が顧客でなくなる時」

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今回は、新電力各社に訪れるX-dayについてお伝えして参りましょう。

それは、顧客との「別れ」です。

ムンク「別れ」

エドヴァルド・ムンクは、19世紀~20世紀のノルウェー出身の画家です。

『叫び』の作者として有名で、ノルウェーでは国民的な画家で、ノルウェーの1000ノルウェー・クローネの紙幣にも彼の肖像が描かれているほどです。

ムンクは作品の多くは、『病室での死』『不安』『絶望』などに「生の不安・死への恐怖」といった人間の基本的感情、それも暗い感情といったものを、絵として表現したかったという雰囲気が伝わってきます。

(※全文:2483文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

電力事業7つの大罪 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.