> コラム > 7つの大罪「強欲の罪」
電力事業7つの大罪

7つの大罪「強欲の罪」

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今回は、「強欲の罪」について、取り上げて参ります。

フランドル(現在のベルギー)の画家、ピーテル・ブリューゲルの代表作『バベルの塔』です。旧約聖書創世記 第11章に記されている伝説の塔で、ノアの洪水後、人間が天にも届くような高い塔を築き始めたのを神が見て、その天まで届かせようとする欲に怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させたとされる逸話です。前回の「高慢」に使っても良い絵なので少々悩んだのですが、今回は「強欲」を表す絵として使わせていただきました。

『欲はほどほど』は、人類普遍の困難命題

「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」という言葉がありますが、要は人は必要以上の富貴を望むべきではなく、ほどほどで満足することが大切であるという教えです。

電力事業は特に、自社の現在の身の丈にあった運営をしなくてはならないし、融資をして頂く銀行にも正しい事業計画を示さねばなりません。少しばかり良いスタートを切ることができて、顧客を集めることができたからといって、押せ押せで進めようとすると、すぐに足元をすくわれてしまいます。

さて、ではここで「強欲」を完全に「欲全般」としてしまうと、「聖人君子のようになれというのか」あるいは、「他者に先駆ける機会を得たとしても譲れというのか」というお叱りを頂くこと必定です。

(※全文:4,293文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

電力事業7つの大罪 バックナンバー

この記事の著者

村谷 敬(むらたに・たかし)

行政書士

1980年生まれ。行政書士。群馬県出身。成蹊大学法学部法律学科卒。エナリス、エプコという電力自由化業界での経験を基礎に、現在、エネルギー法務手続きの専門である、村谷法務行政書士事務所の所長、株式会社エネルギーマネジメント総合研究所の専務取締役所長、バイオマス発電のEPCと再生可能エネルギー発電の小売事業を行うゼロワットパワー株式会社等の新規事業開発顧問を務めるなど、エネルギービジネスの最前線で、幅広くコンサルティング業務を行っている。

【講演実績】
「電力ビジネス局長法度書 ~士道不覚悟は武門の名折れ~」 (地域新電力ベンチャー向け)
「電力ビジネス船中八策 ~維新時代を活きる経営者へ捧ぐ~」 (LPガス会社向け)
「玉石混交の電力ビジネス ~1の玉と、99の石~」 (大手ハウスメーカ施主様向け)
「電力未来視たちのディアレクティーク ~電力的弁証法~」 (大手ハウスメーカー様向け)
【著書】
「電力小売事業戦略策定のための調査報告書」(事業構想大学院大学/監修)
「電力の未来-2020年はこうなる-」(仮題:2016.7月発行予定)

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.