> コラム > 「奇襲」「奇策」のすすめ 「奇襲編その壱」
電力事業7つの大罪

「奇襲」「奇策」のすすめ 「奇襲編その壱」

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

戦史における奇襲の定石

古来「奇襲」という戦術を採った場合、次のパターンに分けることができます。

(1)電撃戦・・・陸空連携による速やかなる敵陣地突破をさせることにより、敵を混乱させて士気を低下させ、敵に防衛陣地構築や再編成をする時間を与えないことを目的とした戦法

(2)陽動戦・・・敵に味方の真の作戦企図についての判断を誤らせ,または困難にさせるような目立った行動を起し、そちらに敵の注意をひきつけて敵の防御体制をくずすことによって、味方の真の作戦目的の達成を容易にしようとする戦法

(1)は、戦史上有名な例としては羽柴秀吉の「中国大返し」が挙げられます。

(※全文:1743文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

電力事業7つの大罪 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.